仏教
《モバイル》

お寺さん紹介

京都五山
(きょうとござん)

京都五山−南禅寺・天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺
 五山制度は印度の五精舎にならい、中国南宗末期に禅宗の保護と統制のため格式高い五つの寺
を定めたことに由来する。 鎌倉幕府が開かれる前年の1191(建久2)年に南宋から帰国した僧侶栄
西らによって伝えられた禅宗はその後隆盛を極め、鎌倉時代の末期、幕府は次々と大寺院を建立。
鎌倉五山とは、鎌倉時代に中国の五山制度にならって鎌倉の禅寺に設けられた五大官寺のこと。北
条氏は、南宋にならい五山制度を導入、鎌倉の主な禅刹を五山と呼ぶようになり、鎌倉幕府滅亡後の
室町初期には鎌倉・京都それぞれに五山が定められ、それに次ぐ十刹と緒山が選ばれこの制度が定
着したといわれる。その後たびたびの改定を経て、室町時代の1386(至徳3)年に、3代将軍の足利
義満により、五山の上に南禅寺がおかれ、相国寺を創建し相国寺を第一位、天龍寺を第二位とする
順位変更が行われたが、義満没後の1410(応永17)年に元に戻された。1615(元和元)年には徳川
幕府が五山十刹に対し法度を出した。
 もともとは、寺を格付け管理するための足利氏の政治政略的な格付け、官が任命権をもって順次格
式の高い寺に昇任させる制度。

京都五山
上−南禅寺
1−天龍寺
2−相国寺
3−建仁寺
4−東福寺
5−万寿寺

鎌倉五山

世界平和祈願
皆共成佛道

http://
bukkyo.net

お寺さん紹介 目次

仏教 モバイル