四国別格二十霊場

第六番 龍光院
臨海山 福寿密寺 龍光院
四国八十八箇所霊場第四十番観自在寺奥の院
 

 空海が四国各地で修行行脚の途中立ち寄り、あまりの僻地故に都の文化の恩恵の薄いのを憂い、四国八十八カ所霊場の開創を発願されたという。大同年間にその願いが成就したのを記念し、此処に堂宇を建立された伝う。

元和元年(1615年)
伊達秀宗が宇和島藩主として入城した際、宇和島城の鬼門にあたるこの地に、宇和島藩の安寧と領民の安泰を祈願して栄瑜上人を開山和尚に迎え寺院が建立された。以後、宇和島藩伊達家の祈願所となる。

寛永15年(1638年)大覚寺の二品宮親王が四国を巡錫した際、ここに立ち寄り臨海山福寿寺と名付けた。

平成20年(2008年)12月7日、護摩祈祷の火により本堂屋根の一部を焼失。平成22年金剛組の施工により本堂が復興した。

宗派 高野山真言宗
開山 栄瑜上人
本尊 十一面観世音菩薩
御真言
オンマカ キャロニキャ
 ソワカ
御詠歌
みめぐみの 
杖をたよりに 有為の山 
越えてくもらぬ 
 月を見るかな

〒798-0036
愛媛県宇和島市天神町1-1
TEL 0895-22-0527

JR予讃本線宇和島駅よりすぐ

 

第5番←  →第7番

四国別格20霊場一覧
霊場・札所一覧

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/