四国別格二十霊場

第十三番 仙龍寺
金光山(きんこうざん) 遍照院 仙龍寺
65三角寺奥の院
「厄除大師」「虫除大師」
四国三十六不動霊場

 嵯峨天皇の弘仁6年(815)、弘法大師が42才の時、ここに住んでいた法道仙人よりこの地を譲り受け、金剛窟に瀧沢大権現と、開運不動尊を勧請して護摩壇を築き、二十一日間護摩修行をする。その護摩修行成満の後、自らの姿を彫刻し 祀る。その御本尊を「厄除大師」「虫除大師」と呼び多くの信者が訪れる。

宗派 真言宗大覚寺派
開山 法道仙人
本尊 弘法大師(大師自刻)
御真言
南無大師遍照金剛
御詠歌
極楽は 他にはあらぬ
 この寺に 御法の声を
  きくぞうれしき

〒799-0301
愛媛県四国中央市新宮町馬立1200
TEL 0896-72-2033

最寄り駅
JR予讃線 川之江駅
国道319号沿い

第12番← →第14番

四国別格20霊場一覧
霊場・札所一覧

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/