四国別格二十霊場

第十四番 椿堂
邦治山 不動院 椿堂 常福寺
大師お杖椿

四国三十六不動霊場
第二十七番札所


大同二年(807)邦治居士(ほうじきょし)が庵を結び地蔵尊を祀る。
弘仁六年(815)十月十五日巡錫中の弘法大師がこの庵を訪れ、住民が熱病に苦しむのを知り、この庵に集めて杖を土にさして祈祷し、病を杖とともに土に封じて去る。後にこの杖より椿が芽を出し成長した。この椿を大師お杖椿、庵を椿堂と呼び信仰、この地方の地名ともなる。
 宝暦11年(1761年)近くの常福寺が全焼したため、常福寺をここに移し常福寺椿堂とした。
 安政6年(1859年)に寺院は火災に遭い椿も焼失。現在の椿は焼け跡から再び芽が出たもので空海の伝承から3代目になるという。お杖椿の葉に経を唱えて持ち帰り煎じて土に埋めると病気平癒の霊験がある。
 建物の老朽化が進んだため、本堂は昭和59年(1984年)、大師堂は平成17年(2005年)に再建。2体の本尊のうち非核(火伏)不動尊は核兵器廃絶を願う呼び名。

宗派 高野山真言宗
開祖 邦治居士
開山 弘法大師
本尊 延命地蔵菩薩
    非核(火伏)不動尊(虚空護童子)
御真言
オン カカカ 
 ビサンマエイ ソワカ
おん めいが しやに へんばら うん そわか
御詠歌
立ち寄りて 椿の寺に 
 やすみつつ 祈りをかけて
   弥陀をたのめよ
災いを 三千歳百々歳 永却に 我は守らん 火(非)核の国

〒799-0127
愛媛県四国中央市川滝町下山1894
TEL : 0896-56-4523

交通
JR予讃線川之江駅から阿波池田方面行バス「椿堂」下車
国道192号線沿い

第13番← →第15番

四国別格20霊場一覧
霊場・札所一覧

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/