「お水取り」・「お松明」とも呼ばれる東大寺二月堂の修二会は、
奈良に春を呼ぶ法会として幅広い信仰をあつめています。

 

 お水取りとは、東大寺二月堂で2月に修される「修二会(しゅにえ)」という仏教の法要の一つで、現在は太陽暦を採用して、3月1日から3月14日まで二月堂で行なわれています。 正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、十一面観世音菩薩を本尊とし、11人の練行衆(参籠する僧侶)が人々に代わり本尊に罪過を懺悔し、罪障の消滅とともに仏のご加護を願うものです。

修二会の由来
 天平勝宝4年(752)2月、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、由来実忠和尚(じっちゅうかしょう)は、生身の観音の御前にて二七ヶ日夜六時(二週間)の行法を修し、以後大同4年にいたるまで60回になんなんとする参籠を数えた、と『二月堂縁起』は述べています。天平勝宝4年といえば4月に大仏開眼供養会が挙行された年、我が国に仏教が伝わって二百年目とされる年でした。以来一度も途絶えることなく、21世紀2001年には1250回を数え今もなお続けられています。

 「お水取り」の名は、3月12日の深夜(正確には13日の1時30分頃)に閼伽井屋(あかいや)の中にある若狭井(わかさい)という井戸から、ご本尊の観世音菩薩にお供えする香水・閼伽(こうずい・あか)を汲み上げることからそう呼ばれます。若狭井には、この日にだけ、日本海側の若狭の国よりの浄水が湧き出てくると云われています。
 

「お松明」は、1日〜14日まで毎日、初夜の行法に練行衆が本堂の上に上がる時の案内の明かりに使われます。
通常の松明で長さ6m、重さ40kg。
籠松明(かごたいまつ)で長さ8m、重さ70kg。
 これを明かりを持つ童子が練行衆を案内するために80段以上の階段を一人で担いで上がらなくてはなりません。
1日〜11日と13日は通常の松明が間隔をあけて10本。
12日だけは特に立派な籠松明が間隔をあけて11本。
14日は尻つけ松明と呼ばれ、次から次へと通常の松明10本が間隔を空けずに欄干に上がり一斉に打ち振られます。

東大寺寺務所
〒630-8587
奈良市雑司町406-1
TEL 0742-22-5511

bukkyo.net
お水取り・お松明
二月堂の修二会

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/