四国八十八ヶ所

高知県 土佐の国
修行の道場

第35番 清滝寺
医王山 いおうざん
清滝寺 きよたきじ
鏡池院 きょうちいん
真言宗豊山派
開基 行基菩薩
本尊 薬師如来  
真言
 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御詠歌
 澄む水を汲めば心の清滝寺 波の花散る岩の羽ごろも
〒781-1101
 高知県土佐市高岡町丁568-1
088-852-0316

縁起
 養老7年(723)行基菩薩が薬師如来を刻んで本尊とし、景山密院、釈本寺として開基しました。弘仁年間(810〜823)弘法大師が訪れ、北方の山中で修法を行い満願の日に金剛杖で大地を突くと清水が滝のように湧き出たので、医王山・清滝寺と改めました。
 平城天皇(在位806〜809)の皇子高岳親王が薬子の乱に連座したとして皇太子の任を解かれ出家し、この地に逆修塔を建て唐へ向かい印度の天竺を目指しましたが途中で消息を絶たれました。この山の一角を「入らずの山」といわれる由縁です。
 その後、江戸時代に火災に遭いましたが藩主山内家により再建されますが、明治の廃仏毀釈で廃寺となり明治13年(1880)に再建されています。

境内
 天井に龍の絵が描かれた山門をくぐり石段を上がると正面に本堂、左手に大師堂があり、境内に大きな薬師如来像あります。中は戒壇めぐりができます。
 この寺は「高岡のお大師さん」とよばれ種間寺同様、安産祈願所であり、底の抜けた柄杓が奉納されています。

34番へ  36番へ

土佐の国一覧
四国お遍路TOP

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/