四国八十八ヶ所

高知県 土佐の国
修行の道場

第36番 青龍寺
独鈷山 どっこざん
青龍寺 しょうりゅうじ
伊舎那院 いしゃないん
真言宗豊山派
開基 弘法大師
本尊 波切不動明王  
真言
 のうまく さんまんだ ばざらだん せんだまかろしゃだ そはたや うん たらた かんまん
御詠歌
 わずかなる泉に棲める青竜は 佛法守護の誓いとぞ聞く
〒781-1165
 高知県土佐市宇佐町竜163
088-856-3010

縁起
 弘法大師が唐で投ぜられた独鈷杵(どっこしょ)を、帰国後大師が四国巡錫中、この地で老松の木にとどまっている独鈷杵を見つけ、青龍寺での恵果阿闍梨(けいかあじゃり)への報恩のため一寺を建立せんと嵯峨天皇(在位 809〜823)に奉上し、不動明王を刻み堂宇を建立しました。山号・寺号はこの由来によるものです。
 その後、一時衰退しましたが藩主山内家の援助により正保年間(1644〜1648)に再建され、宝永4年(1707)の地震と津波で大きな被害を受けましたが江戸末期には再建されています。

境内
 石段上り口納経所横に恵果堂があり、山門をくぐり石段を上った左手に恵果阿闍梨の墓があります。さらに石段を上がると正面に本堂、左手に大師堂があります。
 本尊不動明王は、唐からの帰国途中、嵐に遭い静めるために祈ると不動明王が現れ波を切り開いたといわれ、「波切り不動」として漁業関係者の信仰を集めています。
 本堂にある愛染明王像は鎌倉時代の作で、国の重要文化財となっています。

35番へ  37番へ

土佐の国一覧
四国お遍路TOP
 

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/