四国八十八ヶ所

高知県 土佐の国
修行の道場

第37番 岩本寺
藤井山 ふじいさん
岩本寺 いわもとじ
五智院 ごちいん

真言宗智山派
開基 行基菩薩
本尊 不動明王、観世音菩薩、阿弥陀如来、薬師如来、地蔵菩薩
真言
不動明王 のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そはたや うん たらた かんまん
観世音菩薩 おん あろりきゃ そわか
阿弥陀如来 おん あみりた ていせい からうん
薬師如来 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
地蔵菩薩 おん かかかび さんまえい そわか
(または)なむ ほんぞん かいえ かん
御詠歌
 六つのちり五つの社あらわして ふかき仁井田の神のたのしみ
〒786-0004
 高知県高岡郡四万十町茂串町3-13
0880-22-0376

縁起
 天平年間(729〜748)聖武天皇(在位724〜749)の勅願により行基菩薩が仁井田(にいだ)に7ヶ寺を建立し、その根本寺として福円満寺がありました。
 その後、弘法大師が弘仁年間(810〜823)にこの地を訪れ星供秘法を修ぜられ、5社、5ヶ寺を増築して仁井田5社、12福寺といわれていました。そして福円満寺を改め藤井寺としました。5ヶ寺を増築したときに大師がそれぞれご本尊を刻まれたため、岩本寺にはご本尊が5体安置されています。
 その後、天平年間(1573〜1593)に兵火に遭い焼失しましたが、金剛福寺の尊海法親王により岩本寺として再興されています。明治の廃仏毀釈で廃寺になりましたが明治23年(1890)再興されています。

境内
 山門をくぐると右手奥に本堂、手前に大師堂があります。本堂は昭和53年(1978)に建てられたもので、天井には花鳥風月、動物画、生物画など全国から公募した575枚の絵がはめ込まれています。
 本尊は88ヶ所中ここだけが5体安置されています。又、三度栗、子安桜、戸たてずの庄屋、尻なし貝、筆草、口なし蛙、桜貝の7つの伝説があります。

36番へ  38番へ

土佐の国一覧
四国お遍路TOP

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/