四国八十八ヶ所

高知県 土佐の国
修行の道場

第39番 延光寺
赤亀山 しゃっきざん
延光寺 えんこうじ
寺山院 じさんいん
真言宗智山派
開基 行基菩薩
本尊 薬師如来
真言
 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御詠歌
 南無薬師諸病悉除(しつじょ)の願(がん)こめて 詣るわが身をたすけましませ
〒787-0782
 高知県宿毛市平田町中山390
0880-66-0225

縁起
 聖武天皇(在位724〜749)の勅願により神亀元年(724)行基菩薩が薬師如来を刻んで堂宇を建立しました。薬師如来の瑞相にちなんで亀鶴山・施薬院・宝光寺と名付けました。
 延歴年間(782-805)、弘法大師が桓武天皇の勅願にて日光月光の両菩薩を刻んで脇士とし七堂伽藍を整備します。
 延喜11年(911)境内に住んでいた赤亀が言い伝えによれば竜宮より梵鐘を背負い帰って来たので、赤亀山延光寺に改めました。この梵鐘は延喜11年(911)の刻印があり国の重要文化財となっています。
 その後衰退し明治の廃仏毀釈以降に再建されました。

境内
 仁王門を入ると鐘を背負った亀の石像があります。本堂の右手に「目洗いの井戸」があり、これは弘法大師が錫杖で地面を突き霊水が湧き出たもので大師により「宝医水(ほういすい)」と名づけられました。眼病に効くといわれています。

38番へ  40番へ

土佐の国一覧
四国お遍路TOP

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/