西国33観音霊場
第 3番
風猛山 粉河寺
ふうもうざん こかわでら
粉河観音宗
開基 大伴孔子古
開創 770年(宝亀元年)
本尊 千手千眼観世音菩薩
絶対秘仏
御真言
おん ばざら だるま きりく
御詠歌
父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や
〒641-0012
和歌山県紀の川市粉河2787
0736-73-3255
納経時間
午前8時〜午後5時

交通アクセス
JR和歌山線粉河駅下車
JR阪和線熊取駅下車 和歌山バス粉河行

年間行事
1月1日 初詣
3月3日 流し雛(午後一時)
旧暦の初午の日 採灯大護摩供会(午後二時半)
8月9日 施餓鬼会(午前四時〜午後十時)
8月15日 不断経会と送り火(午前一時〜午後九時)
10月第4土曜日 曼荼羅供会(午後一時半)
12月18日 童男会(午前六時〜午後三時)

 770年(宝亀元年)、領主の大伴孔子古(おおとものくじこ)が風猛山で獣を追っていると山中で霊光 に遭遇する。孔子古はこの地(現在の本堂の場所)に草庵を結んだと伝えられている。この小堂に童男大士(どなんだいし・子供の姿 をした修行者)が一夜の宿を求め、孔子古の望 んでいる仏像を七日間で刻んで姿を消す。その仏像は、金色に輝く千手観世音菩薩(本尊)になったという。  孔子古は童男大士こそ観世音の化身と考え、以後、殺生をやめ供養礼拝したといわれる。この草創の縁起は「粉河寺縁起(国宝)」という紙本著色絵巻に描かれている そうだ。
  鎌倉時代には七堂伽藍が整い、以後隆盛をきわめるが、1585年(天正13年)、豊臣秀吉の紀州根来寺攻めにより、粉河寺も全山焼失する。 現在の堂宇は江戸時代の再建が多い。

2番へ 4番へ

西国33観音一覧へ

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-

仏教ネット 携帯版
http://bukkyo.net/