西国33観音霊場
第11番
深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)
みゆきやま かみだいごじ じゅんていどう
真言宗醍醐派
創建 874(貞観16)年
開基 聖宝・理源大師
御本尊
 准胝観世音菩薩坐像
ご真言
おん しゃれい それい そんでい そわか
御詠歌
 逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな
京都府京都市伏見区醍醐醍醐山
075-571-0002(下醍醐寺)
交通アクセス
地下鉄東西線醍醐駅A番出口から徒歩
JR・京阪電車山科駅・六地蔵駅から京阪バス、醍醐三宝院下車
納経時間
9:00〜17:00
(冬期は16:00まで)

修験道三宝院派 修験中興の祖といわれる聖宝より継承されている「当山派修験道」の総本山。
聖宝・理源大師が初めてこの山に登山された折、老翁(地主横尾明神・よこおみょうじん)が現れてこの湧き水を飲み、「ああ、醍醐味なるかな」と言ったという。その地に小さな堂宇を建立し、准胝(じゅんてい)観音像・如意輪観音像を安置したのに始まる。寺名の由来ともなった「醍醐水」が准胝堂の近くにある。。
 2008年8月24日の落雷による火災により、准胝堂(1968年再建)が全焼した。現在、登山口にある女人堂にて参拝・納経を受け付け。
2月23日 五大力尊仁王会
4月第2日曜日 豊太閤花見行列
5月18日 准胝観音御開扉法要

10番へ 1 2番へ

西国33観音一覧へ

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-