西国33観音霊場
第29番
青葉山 松尾寺
(あおばさん まつのおでら)

真言宗醍醐派
開基 威光上人
本尊 馬頭観世音菩薩
創建 708年(慶雲5年・和銅元)
本尊 馬頭観世音菩薩
おん あみりとどはんば うん はったそわか
御詠歌
そのかみは
 幾世経ぬらん
便りをば 千歳もこゝに
 まつのをのてら

〒625-0010
京都府舞鶴市松尾532
0773-62-2900

アクセス
JR松尾寺(まつおでら)駅より徒歩で約45分
JR東舞鶴駅より京都交通バス高浜行き『松尾口』徒歩で約35分

納経時間 8:00〜17:00

「若狭富士」と呼称される青葉山(699米)の中腹に位置する。威光上人は唐よりの渡来僧。本尊の憤怒の形相をしたご本尊は、三十三霊場中唯一の馬頭観世音菩薩。三面八臂の坐像で漁師春日為光作といわれ、体内仏として威光上人が刻んだ像が収められている。農耕の守り仏として、交通安全、更には競馬に因む信仰を広くあつめている。

5月7・8日
舞儀音楽大会式
「仏舞(重要無形民族文化)」は八日に奉納

28番へ 30番へ

西国33観音一覧へ

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-