西国33観音霊場
第30番
竹生島(ちくぶじま)
巌金山 宝厳寺
がんこんざん ほうごんじ
真言宗豊山派
創建 724(神亀元)年
開基 行基菩薩
聖武天皇の勅願
御本尊 大辯才天
千手千眼観世音菩薩
おん ばざら たらま きりく
御詠歌
 月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして
滋賀県長浜市早崎町竹生島1664
0749-63-4410
交通アクセス
長浜港・彦根港・今津港より 汽船
長浜港 JR琵琶湖線長浜駅
彦根港 JR琵琶湖線彦根駅
今津港 JR湖西線近江今津駅
納経時間 8:00〜17:00

 724(神亀元)年、聖武天皇の勅願により行基が、弁才天像をご本尊として本堂に安置、翌年には観音堂を建立し千手観音像を安置。
 庇護の厚かった太閤豊臣秀吉の遺命により、慶長七年(1602)に、秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺稿である観音堂や唐門などを移築。
 現在の都久夫須麻神社(竹生島神社)本殿を本堂とし、本尊大弁才天を安置していたが、明治元年(1868)に発布された『神仏分離令』により廃寺とする命令が下る。本堂の建物を神社に引き渡すことで廃寺は免れたものの、本堂の無いまま昭和を迎え、昭和十七年現在の本堂が再建された。

日本3弁財天の一つといわれる辯才天(秘仏)がある。
8月15日を除く毎月15日は、辯才天特別祈願日
8月15日 蓮華会 (竹生島辯才天大法要)
毎月15日は、観世音回向祈願日

29番へ 3 1番へ

西国33観音一覧へ

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-