西国33観音霊場
第32番
繖山 観音正寺
きぬがさざん かんのんしょうじ

天台宗(単立)
創建 605年(推古天皇13年)
開基 聖徳太子
御本尊
千手千眼観世音菩薩
おん ばざら たらま きりく
御詠歌
 あなとうと 導きたまえ観音寺 遠き国より 運ぶ歩みを
滋賀県蒲生郡安土町石寺2番地
TEL:0748-46-2549

アクセス
JR能登川駅下車、八日市駅行きバス(30分に一本程度)で観音寺口まで、それより徒歩40分。
JR安土駅前でレンタルサイクルを借りて行くのもおすすめ。
納経時間 8:00〜17:00

 日本のほぼ中央に位置する日本の「臍(へそ)」ともいうべき要衝にある標高432.9メートルの繖山(きぬがさやま)、別名観音寺山。ここで前世の罪に苦しむ人魚に出会った聖徳太子が、千手観音を刻み伽藍を建てて祭ったのが観音正寺の縁起。明治15年(1882)、本堂の荒廃がひどく、彦根城の総欅造りの欅御殿(けやきごてん)を移築して本堂にするも、平成5年(1993)5月22日に本堂・本尊ともに焼失。それまでは、人魚のミイラ(寺宝)が本堂裏堂で一般に公開され、TVなどでも紹介されていた。再建された本堂の総白檀丈六の御本尊、千手千眼観世音菩薩大仏は見るものを圧倒する。

31番へ 3 3番へ

西国33観音一覧へ

霊場・札所案内

世界平和祈願
皆共成佛道

仏教-モバイル-